進撃の巨人考察・兵器の機能と性能・No.17 雷槍

第19巻第76話 雷槍(らいそう)は現代兵器では見られない兵器。

第76話で、調査兵団と鎧の巨人、ライナーが激突するシーンです。

ここで新兵器の雷槍が登場します。

調査兵団が憲兵団から入手した技術を元に開発した、火力の強い対巨人用兵器ですね。

第76話ではこの雷槍をライナーの目とうなじに正確に当てています。

超小型のロケットランチャー

筒状の爆薬を、人間がそのまま発射して攻撃する兵器は第二次世界大戦から登場しています。

管理人は、現在の兵器と比較すると旧ソ連が作った対戦車用兵器、RPG-7が少し似ているかなと思っています。

しかし、RPG-7はランチャー(発射筒)部分は人間が保持し、弾頭部分だけが発射されるものです。

雷槍は、その全体が飛翔しているようです。

RPG-7の原型は、第二次大戦中にドイツが開発した対戦車擲弾、パンツァーファウストです。

ドイツのパンツァーファウスト対戦車榔弾(てきだん)

進撃の巨人では、このパンツァーファウストをモデルにしたのではないでしょうか。

雷槍の重量はかなり重い。

雷槍のモデルになっていると思われるドイツのパンツァーファウスト対戦車榔弾は、装薬を含めた重量がタイプによって異なりますが約3~6.5kgとなっています。

雷槍は比較的細い形状なので、約3kgと想定すると、500ccのペットボトル6本分です。

片腕に3kgの雷槍を装着して立体機動装置を駆使しながら、空中戦を行うのはかなりの体力と技量が必要でしょう。

また、第28巻でのマーレ軍との攻防では、片腕に3本の雷槍を装着しています。

片腕には3kg×3=9kgの重量がかかり、両腕にすると18kgもの重量物がかかります1体には立体機動装置も装着しているので、さらに重量は増加します。

総合的な重量は、25kgは超えるのではないでしょうか。これは現実的にちょっときついでしょうね。

雷槍の発射時はかなり危険

ドイツ軍のパンツアーファウスト榔弾の説明には、発射炎が後方から噴射するので、後方には回ってはいけないとなっています。

雷槍もハンジ団長が発射の瞬間、爆発の瞬間は特に注意が必要と促しています。

かなりの噴射炎、爆風がまともに体にかかるので、後方はかなり危険です。

さらに、連射すると体にかかる負担は大変なものになるでしょう。

信管の詳細な形状は不明

第28巻では、リヴァイ兵長がジークを拘束し、雷槍の信管に連動させて身動きができないようにしました。

この時、雷槍の内部がむき出しになっていますが、詳細はわかりませんね。

現代の兵器であれば、機構部などが複雑に作られていますが、進撃の巨人では、そこまで複雑ではないでしょうね。

ドイツ軍が開発したパンツァーファウストは第二次世界大戦後、旧ソ連軍がRPG-2、 RPG-7
として発展させました。

また、スウェーデンなどは、パンツアーファウストを元に対戦車榔弾を改良し、西側諸国の標準型を作っていきます。

いずれにしても、雷槍は巨人に対しては強力な火器になっているので、雷槍を量産し、改良していけば有効な武器になることは間違いと思います。

進撃の巨人展 FINALでわかったこと。

先日進撃の巨人展 FINALで新たな発見がありました。

雷槍の実物の展示があり、大きさや信管部分を見ることができたのです。

この展示からすれば、直径は約5cmくらいで、長さは1m~1.2mではないでしょうか。

ワイヤーの太さは約5㎜程度、これを片腕に3本はつけられるでしょうが、かなりの腕力が必要になるでしょう。

いずれにしろ、現代の兵器にはちょっと見られないものでしょうね。

>>進撃の巨人考察・兵器の機能と性能・No.19 進撃の巨人展 FINAL

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする