進撃の巨人考察・兵器の機能と性能・No.16 モーゼルc96

・第26巻第106話 ドイツ軍のモーゼル銃C96?

進撃の巨人にも小銃に続き拳銃が登場しました。

ドイツ軍が1800年代に開発したC96モーゼルに酷似した拳銃です。

マーレ軍イェレナの拳銃、モーゼルC96

この拳銃は、ドイツ軍のモーゼルC96と呼ばれている、自動拳銃がモデルとなっているようです。

モデルとなっているというより、C96そのものですね。

この拳銃が登場してきたということは、「進撃の巨人」はドイツを基本に物語が構成されていることが立証されたと思います。

それも時代的な背景は、第一次世界大戦から第二次世界大戦の18世紀から19世紀ではないでしょうか。

この拳銃は、ひじょうにマニアックな銃の一種です。

拳銃でありながら、連続発射ができます。

これだけでもひじょうにマニアックです。また、弾倉がトリガーの前方にあり、機関銃のような構造になっています。

船から落下しているシーンで、その特徴的な形は一目でわかります。

管理人は、以前モーゼルのモデルガンを持っていましたが、弾倉が引き金より前にあるため、弾倉重量により、前方が重く、構えると銃口が下がってしまう、といったことを記憶しています。

連射(フルーオート)ができるモーゼル拳銃

初期のC96はセミオートと言って、一発撃つとその次からは撃鉄を指で起こさなくても引き金を引けば弾が出る、といったものでした。

ドイツで開発されたモーゼルは、その後スペインで連続発射できるフルオートタイプに改良されました。

スペインは、コピーしたモーゼルC96を大量に中国に輸出し始めました。

この銃の最大の特徴の「連射」は、他の国が改良して出来上がったわけです。

しかし、ドイツは国の意地でしょうか、スペインとは違う機構を開発し、連射型の拳銃に実現させています。

弾倉も10発から20発と大幅に多くなっています。

連射とは、弾倉にある弾丸が引き金を引いている間は、全部が発射されます。いわゆる機関銃のように動作します。

拳銃で連射できる銃のことをマシンピストルと呼ぶこともあるようです。

銃身は小銃より短いので命中率は低いと思いますが、弾丸を「ばらまく」ことはできます。

また、銃把を延長させ機関銃のように使うことも出来ました。

ショルダーストック、ブルームハンドルなどの肩にかけて狙う、というオプションが付加されていきました。

このモーゼルは、再び中国でもコピーされ、日中戦争の写真などを見ると、中国共産党の幹部がこのモーゼルを持っています。

一種のマニアックなステータスとしても使われていたのかもしれません。

しかし、完成型のモーゼル銃M712CGは。ドイツ軍の制式銃としては認められませんでした。

目立つ拳銃として採用?

進撃の巨人でもこの拳銃は、目立っています。

調査兵団が対人用立体機動装置のスイッチ部分は、このモーゼルを真似て作ったようにも見えます。

諌山先生は、モーゼルの銃握(じゅうは)部分の形が気に入ったのでしょうか?

>>進撃の巨人考察・兵器の機能と性能・No.21 FINALを動画で確認

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする