進撃の巨人考察・兵器の機能と性能・No.15 飛行艇

第27巻第109話  海上から離水する飛行艇の登場

今まで航空戦力は、飛行船のみでしたが、速力も出る航空機がいよいよ登場しました。

それが「飛行艇」です。

まだ飛行している姿は描写されていませんが、確かに航空機が存在することが、この第109話で確認することができます。

世界初の飛行艇と説明されています。また、翼は折りたたみ式のようです。

シートが被せられているので、残念ながら詳細はわかりません。

飛行艇のタイプ

飛行艇は、その設計によって海上などの水面からのみ離水、着水するタイプ、水面からでも陸上の滑走路からでも離発着できるものがあります。

写真は、海上自衛隊のUS-2飛行艇ですが、US-2は陸上からでも離陸できますし、着陸もできます。

海上などで運用する場合は、車輪は機体に格納されています。

飛行艇は、水面上から離水するので、波の高い海上では使用できません。

世界有数のUS-2でさえ、波の高さは3mが限界と言われています。

進撃の巨人に紹介された飛行艇は、小型の飛行艇のようなので、対飛行船用迎撃機、または偵察機として使用されるのではないでしょうか。

飛行艇の動力は、通常、軽油などを使ったエンジンですが、進撃の巨人ではバラディ島でしか採れない「氷爆石(ひょうばくせき)」と呼ばれている岩石を使ったエンジンのようです。

今後、これらの描写も紹介されるでしょう。

飛行艇の機体(船体)は結構スマート

進撃の巨人で描かれている飛行艇は、その機体がちょっとぷっくりしています。

実際の飛行艇は、機体を船のような形状にして、水面抵抗を下げる工夫をしています。

下の写真のように、全面から見ると、機体は船の形になっているのがわかると思います。

飛行艇の操縦は通常の飛行機よりも難しい。

飛行機の飛行艇は、胴体を使って水面上を滑走したり着水したりするので、胴体部分にかなりの力が加わります。

飛行艇の事故で一番多いのが、着水時の胴体部分の損傷です。損傷と言っても真っ二つに折れたり、翼が海面に接触して折れたりと、大きな事故になってしまいます。

特に着水時には、細心の注意が必要になります。通常の飛行機が胴体着陸しているようなものですから。

海面でバウンドすることもあるようです。

写真は、日本海軍が使用していた零式水上観測機です。

飛行艇とは違いますが、海面に着水するためのフロートと呼ばれる小型船体を取り付けたものです。

進撃の巨人でもこれらの観測機、偵察機のような運用が登場するかもしれません。

飛行艇の活躍が今から楽しみですね。

>>進撃の巨人考察・兵器の機能と性能・No.21 FINALを動画で確認

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする