fshell2152一覧

進撃の巨人考察・兵器の機能と性能・No.07 クレーン

進撃の巨人、ウォール・マリアを守る訓練兵達の前に、再び超大型巨人が現れます。訓練兵と言えど。巨人と戦わなければなりません。ウォール・マリアを守るために壁上に色々な武器を持ち上げなければなりません。持ち上げる道具は、クレーンや巻き揚げ機だと思いますが、比較的小型のようです。ここではもう一つ、小型のボンベの根元を締めるスパナについて考察してみました。

進撃の巨人考察・兵器の機能と性能・No.06 砲弾

パラディ島の駐屯兵団工兵部の持つ大砲とマーレ軍の持つ大砲や砲弾は、その機能、性能が異なります。パラディ島の大砲は、球形の榴弾、マーレ軍は砲弾を使用しています、時代背景は少し異なりますが、マーレ軍の方が兵器開発は進んでいたように感じられます。

進撃の巨人考察・兵器の機能と性能・No.05 飛行船

86話と105話に登場する航空戦力、飛行船が登場しました。92話では、飛行船をマーレ軍が常識では考えられないような戦術を使っています。現代の飛行船と比較すると、大きさや構造も同じように出来ているようです。調査兵団の飛行船も何年か後に使用していますが、こちらもマーレ軍にひけをとらない、強力な航空戦力となっているようです。

進撃の巨人考察・兵器の機能と性能・No.04 軍艦

マーレ軍の持つ大型の武器、軍艦について考察しています。第97話では、エルディア人でありながら、マーレ軍に潜入していた「フクロウ」が、マーレ軍の輸送船を破壊していきます。この輸送船の大きさ、そしてそれを徹底的に破壊する「フクロウ」、何とも衝撃的なシーンです。第102話では本格的な軍艦が登場します。戦闘艦としては、大型の駆逐艦、巡洋艦のようですね。

進撃の巨人考察・兵器の機能と性能・No.03 手榴弾

第91話に登場するマーレ軍が使用していた柄付手榴弾、装甲列車についての考察です。第91話でガビが、柄付手榴弾は束ねて、装甲列車を破壊するシーンがあります。柄付手榴弾の歴史や威力、また、同じく第91話で登場した装甲列車の使われ方などを調べてみました。

進撃の巨人考察・兵器の機能と性能・No.02 立体機動装置

第4話で女型の巨人が調査兵団を振り回すシーンに出てくる、立体機動装置のワイヤーについての考察です。立体機動装置は、巨人を倒すために開発された装置です。この装置を使いこなすことができなければ、調査兵団の一員にはなれません。立体機動装置の構造は、開示されていない部分がたくさんありますが、第4話とストーリー全般から各部分について調査してみました。

進撃の巨人考察・兵器の機能と性能・No.01 手榴弾

第102話で、調査兵団が使用した手榴弾(てりうゅだん)と第101話ではマーレ軍が使用した大砲についての考察です。第102話では、四角い形の手榴弾が使われていました。めずらしい形をしていますね。第101についても、マーレ軍の大砲の詳細がよく描かれていると思います。